国は事態を知っていた

B型肝炎の集団感染というのは非常に恐ろしいものですが、このような事態を国は知っていたと言われています。当時は予防接種法としても今とは違っているものだったため、注射器の連続使用などが行われていました。こういった状況に関して、国としても黙認している状況が続き、結果的にはB型肝炎への集団感染という非常に大きな問題が起きてしまったのです。B型肝炎は全く症状のない無症性キャリアの方もいらっしゃいますが、すでにこのような集団感染によって肝硬変や肝臓癌などが原因となり亡くなっている方もいます。

それだけ重大な内容であっても、当事国が事態を把握した上で集団予防接種が行われていましたので、大問題になるのは当然です。今でこそ注射器の使い回しなどが禁止されていますが当時、集団予防接種を受けていた方々は、まさか病気に感染してしまうなどとは思わず自分自身の健康のため、またはお子様の健康のために受けていました。それが結果としてB型肝炎への集団感染になってしまうなどとは誰も思わなかった事でしょう。

国としては給付金という形でしっかり対応するので、まずは検査をして、その上で強い姿勢で提訴していくことが可能です。泣き寝入りなどをする必要はありませんので当時の集団予防接種の該当者はB型肝炎給付金について詳しい知識を持ちましょう。