まずは検査を受けてみよう

会社で健康診断などが行われるようになりましたが、その他に自ら定期的な血液検査なども行っている方は少ないようです。特に自分の体調が悪くなければ検査などを行わないまま、長年過ごしているという方も多いでしょう。しかし全く症状がない中でB型肝炎に感染しているというケースも見受けられます。幼少の頃に集団予防接種を受けていた方などは、まずはじめにB 型肝炎の検査も受けてみると良いです。

提訴することによってB 型肝炎の給付金を受け取ることができます。これは一つの救済となっているのですが予防接種法が今よりも厳しくなかった頃に、感染している方はたくさんいます。日本全国で40万人ほども該当者がいると言われているため少しでも不安に感じるのであれば、まずは検査をすることが大切です。実際に感染しており提訴をする場合であっても、検査をしてしっかりとした書類を提出しなければなりません。自分が該当者なのかを確認するためには絶対的に検査が必要になってきます。さらに本格的な検査をする場合や書類に必要な費用の一部などに関しても寄付金として国がまかなってくれますので、費用的な問題はあまり心配せず検査も受けましょう。

血液検査ですぐに結果がわかるので、さほど大きな費用2人ではありません。検査をしないまま対象となる期間を過ぎてしまうと寄付金にも大幅な減額が出てしまいますので、急いだ方が良いです。